「珪藻土」ってなに?エコな暮らしに役立つヒントをご紹介

2019年5月9日(木)| 未分類

こんにちは!アイフルホーム川之江店です。

 

家づくりを検討している方の中には、壁材にこだわる方も多いのではないでしょうか?
たとえば、弊社では「珪藻土(けいそうど)」を使った壁材をご提案させていただくこともございます。

珪藻土は、藻類の一種である珪藻殻の化石からできる堆積物です。

珪藻土には目に見えないほどの小さな穴がたくさんあり、自立呼吸によって調湿する働きがあります。
湿度を調節することでカビの繁殖を抑えたり、ニオイを抑えたり、断熱も期待できるため、壁材としてはもちろんバスマットなどの雑貨にも使われることがあるんですよ。

 

また、人間にとって快適な湿度は40〜60%と言われています。

湿度が高いとカビやダニが発生しやすくなりますし、湿度が低いとウイルスが活発になって感染症につながることも。
私たち人間が過ごしやすく、健康的な生活を送るためには室内の湿度をコントロールすることがポイントです!

珪藻土の場合、部屋の湿度が高くなると湿度を吸収し、部屋の湿度が低くなると湿気を放出する働きがあるため「呼吸する壁」ともいわれています。夏の多湿に、また冬の結露対策にも役立ちますよ。

 

話は変わり、弊社の家づくりでは「光冷暖」をご提案させていただいております。
光冷暖とは、送風による冷暖房ではなく、遠赤外線を利用して家全体の壁や天井とリンクし、人の体感温度を操作する新発想の冷暖システムです。

 

湿度を珪藻土でコントロール、そして光冷暖で温度をコントロールすることで、冷暖房に頼らず健康的な毎日をサポートします。
珪藻土はもちろん、光冷暖について興味のある方は、お気軽にお尋ねくださいね。

★掲載写真は弊社の珪藻土施工事例です!