「光冷暖」のある暮らし〜遠赤外線で体感温度を保つ新感覚の冷暖システム〜

2019年5月16日(木)| 未分類

こんにちは!アイフルホーム川之江店です。

5月に入り、長らく続いていた花粉症の症状が落ち着いてきた方も多いのではないでしょうか?特に、今年の春は例年以上に花粉の飛散量が多いことで話題になりましたね。

そして、これからは梅雨時期を迎えようとしています……!これまでのように日差しが強い日もあれば、ヒヤリとした寒さを覚えることも。そこで今回は、寒暖差が揺らぐ季節でも快適に過ごせる冷暖システム「光冷暖」をご紹介したいと思います。

 

 

「光冷暖」とは、送風による冷暖房システムではなく、遠赤外線を利用して人の体感温度を操作する新感覚の冷暖システムです。快適に過ごせる、という意味では高断熱・高気密のシステムに共通しているものがありますが、高断熱・高気密は“室内の空気を逃さず外の寒さや暑さの影響を受けないようにするシステム”なのに対し、光冷暖は“遠赤外線を活用して室内の熱を調節するシステム”なので、ふたつを比べると仕組みはまったく異なります。

光冷暖の特徴は、壁・天井・カーテン・ラジエーターの表面に特殊なセラミック加工を施していることです。まず、ラジエーターから遠赤外線を放射することで、壁や天井に遠赤外線が共振・共鳴し、室内の熱をコントロールします。そして、共振・共鳴効果で他の部屋にも遠赤外線をもたらすため、家中どこにいても体感温度がキープされます。

 

 

ちなみに、遠赤外線とは電磁波のひとつで、伝導・対流・放射によってエネルギーが伝わる仕組みになっています。また、遠赤外線は波長がとても長いため、離れていても熱が伝わりやすくなるのです。

 

夏涼しく、冬暖かいという家づくりはあたりまえ。エアコンによる風で“室温を調節する”のか、遠赤外線によって“体感温度を調節する”のかは、お客様の好みで選ばれてみてはいかがでしょうか?

 

弊社では、光冷暖を取り入れた家づくりをご提案しております。興味のある方はお気軽にお尋ねください!